エネオスカードc7円引きに隠された罠!本当にお得な選び方

エネオスカードc7円引きに隠された罠!本当にお得な選び方 カード類

エネオスカードには、

s,p,cと3種類あります。

その中の「c」というカードを選ぶと

なんと最大7円引きになるとネットには書いてあります。

だったら、このCを選んだほうが一番お得でしょう!

 

でもこれ罠です。

cを使ってお得になる人はほとんどいません。

その理由をこれから紹介していきます。

エネオスカードCって何?

エネオスカードcは、ガソリン割引特価型のカードです。

ある条件を満たせば、最大で7円引きになるカードです。

タイプ キャッシュバック
ガソリン割引 最大7円
灯油割引 1円
年会費 年間1375円
ポイント 貯まらない
国際ブランド VISA、JCB
家族ETCカード 無料で作れる
電子マネー Apple Pay、QUICPay

その他の特権は、

・ロードサービス

・エネキー登録で1円引き

7円引きになる条件

リッター7円引かれるには、

月々のカード使用額が7万円以上使う必要があります。

月の利用金額 割引額
~1万円 1円
1万円~2万円 2円
2万円~5万円 4円
5万円~7万円 5円
7万円~ 7円

7円になる条件が厳しいと思いませんか?

でも厳しいのはそれだけではないんです。

エネオスカードCがお得にならない4つの理由

ポイントが貯まらない

なんとこのカード、どれだけ使ってもポイントは一切貯まりません。

楽天カードなど、普通のクレジットカードならポイントがつきますが

このカードポイント付きません。

年会費がかかる

最初の年は無料ですが、

翌年からきっちり1375円の年会費がかかります。

月に150Lまでの上限付き

7円になる対象ガソリン数量は月に150Lまで

ここでピンときた方はお分かりだと思いますが、

このカードcは一般ユーザー向けではないんです。

エネオスカードPに負ける?

7円引きと書いてあると魅力的に見えますが、

これはほかのカードと比較すればあまりにも損する事が一目瞭然

例えば、

エネオスカードSの場合

いつでも2円引きですが、

ほとんどのお店では、

店舗での割引があり、プラスで3円引かれているので

合計で5円引きになっています。

さらにこのカードは年会費が無料です。

お買い物で使ってもポイントは付きます。

エネオスカードpの場合

エネオスカードpは

1000円で30ポイントが付くポイントタイプ

年会費が1375円かかりますが、

ガソリンをたくさん入れる人は、

どう考えてもcよりpがお得です。

 

例えば、エネオスカードPを使い

リッター価格が130円の場合

月に1万円分のガソリンを入れると

年会費を入れて計算してもすでに5.6円も引かれます。

月に2万円使うと、6.2円も引かれます。

月に3万円以上ガソリンを使うと

軽くCの7円引きを超えてきます。

なんで損するエネオスカードCが存在するのか聞いてみた

エネオスのクレジットカード会社

トヨタファイナンスのコールセンターに

「Cでお得になる人ってどんな人ですか?」

って問い合わせてみたんですが、

それは、各店舗で割引価格やガソリン価格が変動しておりますので

お答え致しかねますと言われました。

エネオス店員の僕でもこのCというカードをお客さんにおすすめしたことが一回もないくらい

一般ユーザーでこのCを使っている人はほとんどいません。

っで、調べてみると

このCというプランは、エネオスカードNICOSというカードを発行する際に

昔あったプラン。

つまり当時はCというプランはお得!

しかし今は絶対に損!

だけど、Cを使っている人もいますのでCを廃止にできないのが今の現状です。

だから、どのガソリンスタンドに行ってもCをおすすめしてくるお店は皆無なんです。

お得になるエネオスカードを簡単に選ぶ方法

エネオスカードCは論外なので

残るはS,Pのどちらかですが、

どっちを選ぶとお得になるのかを判断するには

月にどれくらいのガソリンを入れるのかで判断すればOKです。

もちろん

ガソリンの価格によって多少割引額が変動しますが、

現在のところ、レギュラー130円で落ち着いているので130円の場合で計算してみましょう。

5千円以下ならS

月々のガソリンに使う額が5千円以下の人の場合

エネオスカードp:-4.5円/L

エネオスカードS:-5円/L

 

月に5000円以下のガソリン使用料ならば

年会費がかからない、エネオスカードSがお得になります。

7500円以下なら迷う

7500円使えば、エネオスカードPだと

5.2円お得になります。

Sだと5円引きなので、0.2円pのほうがお得ですが

価格も変動しますし、7500円を少しでも下回ると

年会費がかからないSがお得になるので、

平均して7500円くらい月に入れる方は、

エネオスカードSを選ぶといいでしょう。

1万円以上なら迷わずP

月にガソリンをたくさん入れる方は

迷わずPを選んでください。

年会費がかかっても、全然Sよりもお得になる計算になります。

ちなみに、エネオスカードPの貯まったポイントは明細から引かれます。

エネキー登録でさらにお得

エネキーとは、エネオスが発行しているキー。

これをエネオスカードに紐づけするだけでさらに1円引かれるお店がありますのでぜひエネキーを登録してみましょう。

登録といっても、エネオスカードを持っている人ならお店に行って

エネキーをもらいに行くだけの作業なので、10秒あればエネキー無料でもらえます。

エネキー作ってみた感想やエネキーについてはこちらで紹介しています。

エネキー登録方法と使ってみて分かったメリットデメリット
エネキーの作り方は、とても簡単で数分で終わります。 しかも作っただけで、たくさんのメリットを受けられ 簡単に給油ができるので まさに今、エネキー登録者数がウナギノボリ。 しかーし、実際に使ってみて感じるデメリ...

さいごに

Cを使っても得する人はほとんどいませんのでCを使う方は

慎重に選んでください。

一般ユーザーの方は、sかpのどちらかを選んでみて

迷ったら最初は年会費がかからないSを選んでみてください。

s→pにはいつでも変更ができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました