空気圧はどこで入れられる?無料で簡単にできる方法

空気圧が計れる場所 空気圧

車の空気圧は一体どこで入れてくれるのか?

ガソリンスタンド?工場?

一回も空気圧なんてチェックした事がないという人は

正直よく分からないと思います。

ここでは無料で手軽に空気圧を入れることが出来る場所や

入れ方や注意点について詳しく解説していきたいと思います。

空気圧はどこに行けばチェックできるのか?

タイヤの空気圧が減ったままの状態で走ってしまうと

タイヤの寿命が多く減るだけでなく、燃費も悪くなります。

そこで空気圧をチェックできる場所をこれから紹介していきたいと思います。

フルサービで空気圧を見てもらう方法

ほとんどのガソリンスタンドには

空気圧を計る機器(エアーキャリア)が置いてあります。

 

フルサービスとは?

スタンドは大きく分けて2つ種類があり、その1つがフルサービスと言われるお店です。

お客さんが車から外に出る事なく

店員さんが給油、窓ふき、オイルチェック、空気圧などのサービスを提供してくれる場所です。

その分のサービス料がガソリン価格に含まれているのでガソリンの値段はセルフに比べると高めです。

気軽に頼めるので最初はここで見てもらうといいでしょうね。

セルフスタンドで空気圧を見てもらう方法

2つ目の種類がセルフですが、最近多くなってきたお店ですね。

セルフスタンドとは?

お客さん自身が給油を行うお店で

空気圧を入れるのもお客さん自身で行う必要があります。

店員さんに頼んだら、やり方は教えてもらえますが

時間帯によって店員さんが外にいない

1人しかいないから、自分でやって下さいと言われる事もあります。

カーショップで見てもらう方法

ガソリンスタンド以外で入れるなら、

カーショップ、例えば「AUTOBACS」とかです。

ただし、エアーキャリアなどの持ち運び空気圧を置いているお店があまりないため、

店員さんに頼んでも正直めんどくさがられるかもしれません。

空気圧を頼んだついでに、店員さんに逆に営業かけられる可能性が大です。

「オイルどうですか?とか、タイヤ交換いかがですか?」

とか、最悪必要のないもまで買わされるかも?

修理工場で見てもらう方法

車が故障した、傷が付いたなどのメンテに欠かせない修理工場で空気圧は計れますが

何も用事がなく空気圧だけ入れてくれと頼むのはちょっと・・・おすすめはしません。

 

なので、ガソリンスタンドで入れてくださいという事になります(^∇^)

空気圧は有料?無料?

空気圧でお金を取るお店はほとんどありません。

無料で計る事ができます。

 

ただし、気をつけて頂きたいのが

ガソリンスタンドで空気圧を見て下さいと頼む絶対に言われる

声かけ営業

「お客様のタイヤは交換時期です」

とか

「オイルも一緒に見ておきますね」

と、あらゆる手段で営業をかけてきます。

ガソスタで働いている僕でさえ、正直うっとしいと思う事も・・・

空気圧を見るならどこがおすすめ?

結局自分で入れられるセルフガソリンスタンドです。

しかし、セルフで空気圧を見て下さいと言われると・・・

正直めんどくさいです。

もちろん仕事なのでやりますが、自分でできないの?って思っちゃう事あります。

でも、僕はやりますよ(^∇^)仕事なので・・・

笑顔で・・・

満面な作り笑顔で・・・笑( ͡° ͜ʖ ͡°)

というのは半分冗談ですが、

気軽にセルフで自分で入れた方が

誰にも気を使わなくて楽です。

空気圧をチェックする方法

空気圧

ガソリンスタンドには、いろんなタイプの空気圧を計る機器がありますが、やり方はほとんど同じです。

その中でも、一番メジャーなタイプを1つ紹介します。

エアーキャリア式空気圧の使い方

このタイプは持ち運びできるので、車をわざわざ移動する必要がないので便利です。

給油ついでにタイヤの空気圧も計ってしまいましょう。

 

・タイヤのキャップを外す

 

・先端の差し込み口を押しこむように差し込んで下さい。

 

・プラス(+)の方向にボタンを押せば空気が入ります。

逆に空気を減らしたい時は-の方向へ

 

これで、終わりです。

簡単ですよね?

えっ難しい?よく分からない?・・・( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

安心してください。こちらでじっくり詳しく紹介しています。

セルフガソリンスタンドで空気圧の入れ方とチェックする方法!
タイヤの空気圧を全然計っていない方へ お金、損してます。 車の燃費を良くするカギは、タイヤの空気圧 タイヤの空気が全然入っていない状態で走ると リッターあたり、5円~7円も損して走っている計算になります。 どん...

空気圧を入れる頻度は?

空気圧は1カ月で10%減ると言われています。

半年間も放置していると、

ドンドン減り続け、タイヤが痛みます

そして、経済的負担かかり

リッターで5円くらい損して走り続ける事になります。

なので、3カ月に1度は最低でも空気圧をチェックして下さい。

えっ?

そんなに計るの?めんどくさー

って、思った人はこれがおすすめです。

自宅で出来る空気圧アイテム

ガソリンスタンドに行くのめんどくさい

そんな方に便利な自宅でもチェックができるおすすめの空気圧はこれです

 

小さいタイプなので持ち運び簡単で

何と言っても、これ1つあれば終わる点が楽です。

市販で売られている空気圧は、まずは空気圧の数字を計り

その数字を見て、空気圧を入れます。

簡単に言うと、空気を入れるには2つの機器が必要です。

しかし、上で紹介している物は空気圧を自動で調節してくれるので初心者の方でも安心して使う事ができます。

まとめ

空気圧はガソリンスタンドで入れるのが一番です。

もちろん機器を買って、自分で入れる方法もありますが

結局、給油をしにガソリンスタンドに行く必要があるので

僕はガソリンスタンドで入れています。

やり方は簡単なのでぜひ入れ方の記事を参考にして頂けたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました